痛みとクセ④

どうもどうも 

 「ザ・ライフ・コーチャー えるびす」こと、 みうらまさるです。 

 まずは告知から。 

******************************************************************************************************************* 

来る9月25日、 

 僕のメンターである 桑名正典氏が札幌でセミナーを行います。 

 題して 

 「自分らしくたくさん稼ぐ波動的ビジネススタートセミナー 初級編 」      
   ~ 好きなことをやって月100万円までのロードマップ ~ 

 彼一流の「ゆるし」と「波動」と彼自身の「実体験」をもとに 

 「好きなことをやって自分らしくたくさん稼ぐ」方法と 

 クライアントへの愛がびっしりびっしり詰まったセミナーです。 

 もちろん僕も参加しますよ(^^) 

 詳しくはこちら〜 


*******************************************************************************************************************


そう、同じことを言われても

気にする人と気にしない人がいること。


人によって気になるポイントが違うので

一概には言えませんが

気にしない人にとっては

気にする人にとってのその言葉が

なぜ気になるか「理解できない」のです。


なぜなら

気にする人と「同じ解釈ができない」から

分からないのです。


なので、その言葉を自分の問題として

捉えることが無いのです。


よくある例えですが

自分を「バカ」だと思っていない人に

「バカ」と言ったところで

気分は良くないでしょうが

その人自身は傷つきません。


自分を普段から「バカ」であると

本気で思っている人が傷つき怒ります。

何故ならその人にとって図星だからです。

痛いところを突かれるからです。

自分で気にしていることを言われるからです。


でも何故自分のこと「バカ」だと思うのでしょう?

果たして本当に「バカ」なんでしょうか?

いつ自分が「バカ」だと知り、

それを認めてしまったのでしょうか?


蛇足ですが

「バカ」はもともとサンスクリット語の『baka』から

来ているらしく、「無知」とか「迷妄」を意味するそうです。


それはともかく…


自分を「バカ」と認めなければ

傷つくことは無いのです。

受け入れるから傷つくのです。


自分のことを「バカ」にする人は

たいがい自分に自信が無い人です。

それゆえ自分の行動に自信が持てなくなっています。

やりたいことですら躊躇します。

時にはあきらめてしまいます。


その反対に

ガンガン行動する人は

自分に自信がある人です。

もしくは

「自信のある無しを行動の基準としていない」人です。


「やりたいかやりたくないか」

「ワクワクするかどうか」

「好きか嫌いか」


これらのいずれかで行動を開始するのです。

ひょっとしたら、これっぽちも自信なんて

持ちあわせていない。そんな人もいるはずです。

だけど

「楽しそうだからやってみる」

「とにかく動いてみる」

「これは好きだからとにかくやる」


これもこういう人たちの

考え方の「クセ」と言えるでしょう。


「自信が無いからクヨクヨ悩むクセ」と

「自信は無いけどとりあえずやっちゃえのクセ」

今のあなたにはどちらが良く見えるでしょう?


もちろん「クヨクヨするクセ」がすべて悪いとは

限らないですよ。

慎重に事を運ぶことはとても素敵な能力の一つです。


でももし今までクヨクヨ悩んでるクセを

もう卒業したい!

と思っているなら

方法があります!


それは


また明日(^^)


ではでは。



0コメント

  • 1000 / 1000

May the Force&Ego be with you.

~えるびす的エゴとの向き合い方 エゴとゆるしとフォースとエゴと~