痛みとクセ⑦

どうもどうも

 「ザ・ライフ・コーチャー えるびす」こと、 みうらまさるです。 

 まずは告知から。

 ******************************************************************************************************************

 来る9月25日、 

 僕のメンターである 桑名正典氏が札幌でセミナーを行います。 

 題して 

 「自分らしくたくさん稼ぐ波動的ビジネススタートセミナー 初級編 」  
  ~ 好きなことをやって月100万円までのロードマップ ~ 

 彼一流の「ゆるし」と「波動」と彼自身の「実体験」をもとに 

 「好きなことをやって自分らしくたくさん稼ぐ」方法と 

 クライアントへの愛がびっしりびっしり詰まったセミナーです。 

 もちろん僕も参加しますよ(^^) 

 詳しくはこちら〜 


******************************************************************************************************************

昨日のはいわゆる

「感情のクリーニング」というものです。


今までずっとずっと

溜め込んで

表に出さなかった

もしくは出てこなかった

感情を吐き出すのと同時に


それを今まで自分のものと

認めてこなかったものを

自分のものとして認め

受け入れる作業です。


こんな事を考える自分は

ダメな人間だとか

弱い人間なんだとか

ずっと考えて

ずっとずっと我慢して

抑えてきた感情たちです。


だけどね

これまで長く

ずっとずっと我慢し続けてきた人が

弱い人間な訳が無いじゃないですか!


ずっとずっと他人との

バランスを優先して

気を遣ってきた人が

ダメ人間な訳無いじゃないですか!


それでも

ずっとずっと

我慢してきたんです。


辛かったです。

キツかったです。


良く我慢してきましたね。

自分を褒めてあげましょうよ。


そしてもうそれも終わりにしようねって

言ってあげてください。


感情のクリーニングをする事で

感情を解放し、心のチューニングをしましょう。


そして次は


もっと痛い所と向き合います。


それは

自分の中の

「言い訳虫」との戦いです(笑)


今までやりたくてもできない

その理由、言い訳を

また紙に書き出していきます。


そのかわり次は

ただ書くのではなく

自分と対話をしてください。


何か言い訳一つ出てきたら

「どうしてそう思うの?」

と自分に問いかけてください。

すると

究極の自分の不安な理由が出てきます。


例えば僕は

去年の夏頃には

その時勤めていた会社を辞めて

コーチングとゆるしのレッスンで

独立開業したいなと思いつつ

いろんな不安が渦巻いていました。


その中の一つに

「住宅ローンがあるからそう簡単にやめられない」

というのがありました。

とてももっともらしい話です(笑)


でも自分と向き合い

自分に質問しながら

掘り下げていくと

ローンを払えなくなる事で

社会的信用を失う事とか

いろいろ出てきましたが


結局一番怖いと感じていたのは

「家族と一緒にいられなくなる事」

でした。


表面的には

とても一般的なもっともらしい

「言い訳」がありますが

掘り下げていくと


とてもとても

パーソナルな

シンプルな不安や恐怖が現れます。


そこまでたどり着いたらOK!!


そうしたら

その不安や恐怖を

「受け入れます!」と宣言してください。


あー、怖い(笑)


「私は最悪こんな事が起きても受け入れる覚悟をします」


と、宣言してください。


そして書いた紙は捨てちゃいましょう。



最悪な事を覚悟したあなたには

もう怖いものはない


…はずです(^^)


まだ怖いなら、他にもあるかも知れませんね。


もう少し探ってもいいですし

とりあえず進んでみても良いと思います。


将来の不安は

どんなに取り除くようなワークをしても

徒労に終わります。


だって、不安は無限に拡がって行くからです。

唯一の対抗手段は

想像できる最悪の事態を

「覚悟する」

ことのみです。


そして「覚悟」ができたら

とにかくどんな小さな事でも

構わないので行動開始しましょう。


寝っぱなしならとりあえず起きてみる

とか

家にこもりきりならとりあえず外に出てみる

とか

パソコンを開いてみる

とか

本の表紙を開いてみる

とか

大切な人と話をしてみる

とか


「したいこと」「やりたいこと」につながる

自分の中の「最初の一歩」を

とにかく踏み出してみてください。


ちなみに

「会社を辞め、独立開業」を狙うも

「家族と一緒にいられなくなる事」が

一番の恐怖であった僕は


考えすぎて

会社帰りに胃痛に苛まれ

動けなくなり

翌日病院で

「十二指腸潰瘍ですね」と

あっさり診断された僕は(^^;


それでもやっぱり

あきらめきれずに

一歩を進めました。


それは、妻に

「会社を辞め、独立開業」のことを

話す事でした。


「一緒にいられなくなる」かも知れない

代表格の相手と

いきなりの対峙です(^^;


結局妻からは

二足のわらじを条件と

住宅ローンの負担軽減の依頼を

銀行に相談に行く事が大きな条件でした。


しかしながら、

「やりたいことをやる」事については

反対はされなかったこともあり

提示された条件を満たすべく

まずは住宅ローンの銀行に向かいました。


ただ残念ながら、

固定から変動にあと一年で

切り替わる狭間の期間で

調整は不調に終わりました。


がっかりして帰ろうと思ったところに

会社の後輩からメールが。

「今晩一緒に飲みませんか?2年前に退職したAさんも一緒です」

と。

珍しい取り合わせだなぁと思いつつ

しかしながらその日は自分は平日休みで

わざわざ出て行くのも面倒だなと思っていました。


しかしその時メンターである

桑名正典氏の言葉が頭によぎりました。


「他人からの誘いにはハイかYES」


特にこういう人生の変わり目のようなときは

特に心に留めておいた方が良いというもの。


なので後輩への返事は

もちろん「YES!一緒に飲もう」でした。


そしてその日の夜

3人で飲んでいたら

Aさんの口から出た言葉は

「ウチの会社に来ないかい?」


「えっ!?」


聞けば、Aさんの所属する会社が

僕が異動前の部署でのスキルが

生かせそうな業務内容で、

スタッフをちょうど探していたとのこと。

しかも「基本的に土・日・祝日休み」


だから、平日はサラリーマンやって

いわゆる週末起業もできるという

願っても無い好条件!


もちろんそれに乗っかりまして

妻の了解を得て、以前の会社を辞め

現在その会社にお世話になりつつ

今に至ります。


とにかく

100%の自分の希望が

叶った訳ではないのですが

覚悟して動いた事で

「やりたい事をやる」準備が

急に整った訳です。


ここから学んだ事は

『まだ起きてもいない事に不安になり

先に進む事をためらうよりも

もしかしたら起きる「かも知れない」事は

さっさと「覚悟」して

とにかく「行動すること」で

「得られる何か」がある』ということです。


「心配事のほとんどは起きることはない」

とは良く言われる言葉ですが…



そこのあなた


まだ、迷って動くのをやめておきますか?

それとも何か行動を起こしてみますか?


ただ一つ言える事は

どちらを選んだとしても

あなたという存在は

尊く、そして素晴らしいという事です。



ではでは。

0コメント

  • 1000 / 1000

May the Force&Ego be with you.

~えるびす的エゴとの向き合い方 エゴとゆるしとフォースとエゴと~