もっともっとが招く不幸

どうもどうも  

 「ザ・ライフ・コーチャー えるびす」こと、みうらまさるです。


こないだの「努力しない」努力の

続きみたいになっちゃうんだけど

なんで僕らが

必要以上の努力を

ついついしてしまうのか

というお話。


やっぱりその根源は

「両親」なんだよね。


頑張れば、大好きな両親が喜んでくれたんだよね。

えらいねー

やればできる子だねーって。 

頭撫でてくれたもんねぇ。 

それが嬉しくてさ、またガンバちゃったんだよねぇ。 

褒められたくてさ。

それがその時の「幸せ」だったんだ。 

それが身体の芯に染み付いちゃってるから 

なかなかそのパターンから

抜け出せない。


(逆にこの経験のない人は努力することをバカにする傾向がある。

だって、努力したって報われないって刷り込まれちゃったからね)


頑張る向こうに幸せが待っている。 

要するに 「頑張る」という「条件」があって 

その上で「幸せ」があると思っているということ。 

頑張りさえすれば幸せになれると言う思い込み。 


そして頑張っても報われない現実にぶちあたって

「幸せ」になれないことを 

恨めしく思うこともある。

やがてそれが行き過ぎて体調を崩したり

氣を病んでしまうことになったり。 


ちがうちがう!!

頑張らなきゃなれない「幸せ」は 

あなたが向かう

「幸せ」ではないってことなんだよ。 


必要以上に頑張らなくても 

あなたはいくらでも「幸せ」を感じられる。

  

そう、幸せとは「なる」ものではなく 

「感じる」ものなのだ。 

実は 「頑張る」と「幸せ」は関係がないのだ。 


それは何かをしないと幸せになれない

という思い込みなんだ。

 

なんで頑張る必要があるの? 

家族を養うため? 

好きなことをやるために? 

出世したいから? 

給料上げたいから? 

異性にモテたいから? …etc 


でも本当はその先があるんだよね 

どうして家族を養うことでどうなるの? 

好きなことをやってどうなるの? 

出世したらどうなるの? 

給料あがったらどうなるの? 

異性にモテたらどうなるの? 

この質問をずっと

深く深く掘り下げると 

行き着くところ 

 「幸せ」を感じたいからなんだよね。 


でも「幸せ」を感じる方法は 

今をしっかり噛み締めて味わうこと。 

良くも悪くも今の状態は

過去のいつかのあなたが

望んだ状態のはずなんだ。


今を否定して

もっともっとと求めるのは

必要以上に頑張らなきゃならないことを

引き寄せる。


今の自分の状態を受け入れて

ゆるめることで

「幸せ」を感じることができる

そして

「幸せ」を感じる余裕が出てきたら

また不思議と「幸せ」を感じられることが

現実に展開し始める。


そう、必要以上に頑張ることをしなくても。


同じ「もっともっと」なら

「もっともっと」楽に「幸せ」を感じようよ。


そして「必要以上の頑張り」に使っていたエネルギーを

「もっともっと」自分の好きなことややりたいこと

得意なことに使っていこう。


きっとその方が

あなただけに収まらず

あなたの周りの人達も

「幸せ」にしていくから(^^)


ではでは。



11月19日(土) ゆるしのレッスンやりまっせ。

↓↓↓

0コメント

  • 1000 / 1000

May the Force&Ego be with you.

~えるびす的エゴとの向き合い方 エゴとゆるしとフォースとエゴと~