レンズの曇りは心の曇り?


どうもどうも   

 「ザ・ライフ・コーチャー えるびす」こと、みうらまさるです。


例えるならば、

あなたは

ちょっと見づらい

もしくはかなり見づらい

メガネをかけて

この人生を歩いています。


それだから

景色の一部が欠けて見えたり

人の姿の一部が

よく見えなかったりします。


あまりにも見えなかったり

した場合には

見えないこと自体に

苛立ったり

見えてる部分だけ見て

見えてるつもりになって


怒ったり

悲しくなったり

泣いたりしています。


だけど

もしかして

自分の見方、見え方が

自分をそうさせている

だけじゃないのかな?

ということに氣づき始めます。


最初は

メガネ探しから始まりますが

自分を「ゆるし」

「ゆるめる」ことで

メガネをかけてることに

氣づきます。


あ、こんなところに

なんかついてる。


氣づいて

拭きあげて

再びメガネをかけると

いままで見えなかった景色が見えてきます。


自分が知らなかった

世界がある。


自分次第で見える世界が変わる

ということに氣づきます。


同時に

他人の今まで許せなかった

部分以外も見えてきて


嫌なものはイヤだけど

こんなことなら

そうなっても仕方がないよね。


というように

理解の範囲が広がって

それが

他者に対する

寛容さにつながっていきます。


そして

これまでのや苛立ちや

怒りや不安の元になっていた

メガネのレンズを

どんどんどんどん

拭き上げていくと


自分のいる世界が

愛おしく感じられ

感謝の氣持ちが

自然と溢れ出し

他者へ注ぎ始めます。


他者に感謝をしなければとか

ありがとうをたっくさん言わなければ

などと「頑張る」よりも先に

自分のメガネを拭き上げること

をした方がよいですよ(^^)


あ、

メガネのフレームの形は

あなたの個性ですから

そのまま残ります(笑)


「ゆるし」とは

こんなフレームのメガネを

かけた自分だけど


すでに素晴らしいし

すでに価値があるし

すでに愛されている


ということに氣づいて

認めて、受け入れることです。


せっかく素敵なフレームなんですから

そのレンズを

どんどん拭いて

クリアな視界で

前に進んでいきましょう。



ではでは。



拭き上げ方、お伝えします。

11月19日 ゆるしのレッスン開催です。

0コメント

  • 1000 / 1000

May the Force&Ego be with you.

~えるびす的エゴとの向き合い方 エゴとゆるしとフォースとエゴと~